仮想通貨コミュニティのオクリビット

入門:ビットコインを究極にわかりやすくしてみた

1 views
約3分
入門:ビットコインを究極にわかりやすくしてみた

暗号通貨についてしっかりめに説明したので、

お次にコインの代表例:ビットコインについて

お話します\( ˆoˆ )/

“ビットコイン”と聞くと、徹底的に隠居している方でない限り

普通にTVを見たり、ネット環境がある方であれば

知れ渡っていますよね。

でも、知ってはいるけど、やったことはない

という方が大半だとは思います。

データでも、アメリカの人口の8%しかまだ

暗号通貨投資をしたことがないそうで。

日本人保有率でも5%なので、この数字から見ると

本当のバブルって、これから起こる

とも見れるかな〜と思ったり。

暗号通貨が持っている可能性、将来性に目を向けると

非常に便利だからです。

「暗号通貨」=「投資」のイメージが

どうしても植えついていると思うんです。

確かに仮想通貨投資と言われ、投資して価値が上がって

億り人をたくさん生み出してきた訳ではありますが、

目を向けていただきたいのは

圧倒的利便性

が一番です。

決済や送金技術によって、私たちの何気ない日常が

便利になったりお得になるポイントが多いという価値です。

ネットでお買い物をするときに

銀行振込だったり代引きをするとどうしても

その度「手数料」が発生しますよね。

手数料だったり、振込だったりの手間を考えて

クレジット決済を選ぶ方は少なくないかと思うのですが、

今の法貨より暗号通貨で支払う方がメリットがあったり

便利であれば当然後者を選びますよね。

そういう人が増えれば信用が自然とついて

それが「普通」になっていきます。

また、ご自身で自営でされている方で

クレジット決済を導入されている人は身近ですかね、

飲食店だったり様々な店舗で「クレジット決済」ができると思うんですが

利用手数料として商品代金の5%程度を

クレジットカード会社に支払っているんです。

クレジットカード手数料

これが暗号通貨決済を導入し、利用手数料が削減できると

お店側は毎回売り上げの5%を払わなくて済むので

かなり負担を軽減できるんです。

これは携帯電話だったりネットでも一緒なのですが、

この世に初めて「携帯できる電話」「インターネット」が出てきたとき

誰もが「怪しい」「危ない」と思っていました。

ですが今はどうでしょう、

1家庭何台もの携帯、パソコンがあります。

共通して言えるのが、「圧倒的利便さ」ですよね。

これらが普及していき、また

暗号通貨も同じようにだんだんと普及している。

もう、未来図が見えていると思います(*´-`)

ビットコインの利便性

私たちは、その利便さが大きい”未来”に投資をしていると思うと

イメージがつきやすいかもしれません。

ここまで説明させていただいて、どんどん普及していく未来は

前よりかなり透明になったかと思うのですが、

利便さに投資したリターンとして資産を構築していけるんですよね。

だからこそ、本当のバブルは”これから”だと思ってます。

私たちは、他の方よりちょっぴり早く

その可能性に気づいただけです。

まだこれからです!

About The Author

CHIKARA
日本の40年周期説を聞いたことはありますか?
幕末の1865年を基点に見ると、日本は外国の植民地になる瀬戸際でした。
しかし、志士たちが草莽のごとく現れ、日本を立て直してくれました。

そして40年、日露戦争で20倍も国力のある強国に辛勝し、日本も強国の1つとなりました。

さらに40年、日本は第二次世界大戦で敗戦。
また、日本はどん底から立ち直るところからリスタートします。

そして40年、日本は高度経済成長でバブルの頂点を迎えます。
日本は、どん底から這い出たのです。

次の40年後は、2025年です。バブル崩壊から長らく日本は下り坂を転がる一方です。

私は、これから来るであろう日本のどん底を立て直してくれる、幕末の志士のような、敗戦の灰燼から日本を蘇らせた人のような、そんな人々を育てるお手伝いをしたいと考えています。

そのためには、親となるあなた方に経済的に自立して余裕をもって子育てをして欲しいのです。

次の40年の周期、そのまた次の40年周期は明るい日本を子供たちに見せましょう。

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE