仮想通貨コミュニティのオクリビット

入門:ビットコインはわかった。アルトコインを教えてくれ。「イーサリアム」って?

3 views
約4分
入門:ビットコインはわかった。アルトコインを教えてくれ。「イーサリアム」って?

「ビットコインはもうええ ねん。聞き飽きて胸焼けするわ。

 それより”アルトコイン”ってなんのコインやねん」

そんな声にお答えして、お次「アルトコイン」についてです\( ˆoˆ )/

ざっくり言いますと、アルトコインというのは

ビットコイン以外の暗号通貨(コイン)です。

英語表記にすると「Alternative Coin」

つまり、代替えのコインという意味です。

ビットコインも、まだまだ”完璧”とは呼べないものです。

その、完璧でない部分追加したコインだったり

ビットコインのシステムを元に作っていき、

もっと便利にしたコインだったり

アルトコインは各コインに違いがあり、

一つ一つ特徴があります。

また、なにより!

暗号通貨投資で大きな資産を築きあげようと思うと

アルトコインに投資することはもはや当たり前です。

リップルとか、イーサリアムとか、色々有名になってきましたよね。

世界的な動きとしても、大手銀行が参入したりで

かなり脚光を浴びています。

2018年はイーサリアムの年だ

激アツな通貨、イーサリアムについては

2018年はイーサリアムの年だ!

とも言われているくらいなんですね。

何より、ビットコインに次ぐ時価総額世界2位の価値は偉大です。

機能性の面に関しては、あの自動車会社”トヨタ”だったり

三菱東京UFJ銀行も注目している

スマートコントラクトという機能です。

三菱東京UFJ銀行も注目しているスマートコントラクト

なんらかの取引の契約をブロックチェーン上に記録し、

その上自動で(!)実行してくれるというすごい機能。

「なんでこれがすごいの?」って感じなんですが、

本来なら重要な契約って、不正防止などの観点から

第三者機関が仲介しなくてはいけなくて、

時間もかかるわお金もかかるわだったんですね。

この負担が一切かからなくなって、一瞬で実行されるんです。

また、海外への寄付だったり。あれ、ありますよね。

「あれって、ほんまにその国に送られてるんか?」

街中で声かけられたとき、思ったことありますか?はい、私です。

ここの部分にスマートコントラクトを使えば、

ほんまに送ってるんか?の見えない部分を解決することができて

寄付金の使い道がわかりやすくなるらしいです。

これだけでも、私の中の邪念が取り払われる嬉しみ・:*+.\(( °ω° ))/.:+

イーサリアムはまだまだ開発途中

そして、このイーサリアムさん、

まだまだ開発途中なんです。

十分すごいんですが、今、アップデートが

4段階あるうちの3段階目だそうで。

順番に説明していくと、

1)フロンティア
基本的な機能の導入、バグの修正など

2)ホームステッド
プラットホーム(動かすために必要な、土台となる環境)としての機能を実装

3)メトロポリス なうです
セキュリティーの強化、スマートコントラクトの簡易化、マイニング方法を変えるための準備

4)セレニティー
アップデートが全て完了。2018年内に実施見込みとのこと!

アップデートが完全に終わったら、かなりの確率で

価格も爆発することでしょう。

イーサリアムについてかなり書きましたが、

コインごとに特徴があるのは面白いですよね。

宝探ししている気分でワクワクするし、

何より自分で選んでそのコインにかけたらめちゃ愛着湧くんですよ。

私でいうネムコインですね。かわいいです。

アルトコイン一覧

アルトコインって、

ビットコインの技術が根本にはあるけれども

その用途や特徴だったりって、本当に幅広い分野に展開していきます。

ビットコインももちろんなのですが、

アルトコインが世界を変えていくといっても過言でないと思いませんか?

今は暗号通貨といえばビットコインで、

2017年はビットコイン元年と言われるほど

暗号通貨自体の認知度が一気に上がった年でした。

来たる2018年は、アルトコイン元年になると言われてます。

2017年で十分に暗号通貨が知れ渡って、

それぞれ特徴のあるコインが実際に私たちの日常生活の中だったり

大手に限らず企業にどんどん浸透していく年になっていくんだろうと思います。

それに伴って、一つ一つのコインの価値が上がっていって

莫大な資産を築くことができるんですよね。

イーサリアム、今下がってますけど2018年、

ここからぐんと上がってくるのが楽しみですね\( ‘ω’)/❤

アルトコインに秘められた大きな可能性、

夢に投資するってとっても楽しいですね!

About The Author

CHIKARA
日本の40年周期説を聞いたことはありますか?
幕末の1865年を基点に見ると、日本は外国の植民地になる瀬戸際でした。
しかし、志士たちが草莽のごとく現れ、日本を立て直してくれました。

そして40年、日露戦争で20倍も国力のある強国に辛勝し、日本も強国の1つとなりました。

さらに40年、日本は第二次世界大戦で敗戦。
また、日本はどん底から立ち直るところからリスタートします。

そして40年、日本は高度経済成長でバブルの頂点を迎えます。
日本は、どん底から這い出たのです。

次の40年後は、2025年です。バブル崩壊から長らく日本は下り坂を転がる一方です。

私は、これから来るであろう日本のどん底を立て直してくれる、幕末の志士のような、敗戦の灰燼から日本を蘇らせた人のような、そんな人々を育てるお手伝いをしたいと考えています。

そのためには、親となるあなた方に経済的に自立して余裕をもって子育てをして欲しいのです。

次の40年の周期、そのまた次の40年周期は明るい日本を子供たちに見せましょう。

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE