仮想通貨コミュニティのオクリビット

決済企業のPaypalさん、決済スピード向上の特許申請を提出されました

0 views
約3分
決済企業のPaypalさん、決済スピード向上の特許申請を提出されました

今回は、先日ニュースになっていた

paypalさんの仮想通貨決済の件について

触れてみたいと思います!

paypal、仮想通貨決済向上のため特許申請中

そもそもpaypalさん、わかりますかね?

結構メジャーかと思うのですが、

paypal

このマークの決済サービス企業さんですね。

paypalさんがサービスを開始したのは2002年からなのですが、

サービス開始時からオンライン決済サービスにおいて

今までもかなり上位を走ってきました。

しかし現在、様々な企業との競争が激化しだし

同社は新しい大きな可能性をもつ暗号通貨に着目し始めました。

暗号通貨決済の迅速なスピードは、

以前から私の記事でも取り上げている通りではあるのですが

圧倒的なものではありますよね。

だからこそ世界に少しずつでも認められてきており、

かつ浸透してきているところでもあるかと思います。

paypal社も同様で、そんな暗号通貨決済の迅速化に着目して

ついに特許申請に踏み出しました。

もちろん、消費者と企業間の決済にかかる時間短縮が目的とのこと。

paypal社が暗号通貨に直面している問題

paypal社が暗号通貨に直面している問題

世界的な暗号通貨規制と、ボラティリティ(=為替相場での予想変動率)の問題が浮かび上がっています。

暗号通貨規制に関しては、

「規制というのは慎重に決めていかなければならない。仮想通貨はまだ将来が不明瞭であり、これからどのような方向性に進むのかは現時点ではわからないのだから。」

と述べられおり、

CFO(=最高財務責任者)のジョン・レイニー氏は、

先月新しくビットコインへの見解として

「ビットコインのもつ価格変動のリスクはかなり大きいものであるだろう。もしビットコインで利益を得たとしても、次の日には暴落して利益がなくなるということもあり得る。ビットコインは現時点では未知数である。」

と述べられております。

ただ、リップルなどの暗号通貨を独自コインとして発行して行けば

かなり強いものになるからこそ、

慎重になりつつも前に進んでいっている様子がみられます。

仮想通貨決済サービスの可能性を考えて、

競争相手に勝つために、日々模索しながら

いい方向にいってほしいですね!

About The Author

CHIKARA
日本の40年周期説を聞いたことはありますか?
幕末の1865年を基点に見ると、日本は外国の植民地になる瀬戸際でした。
しかし、志士たちが草莽のごとく現れ、日本を立て直してくれました。

そして40年、日露戦争で20倍も国力のある強国に辛勝し、日本も強国の1つとなりました。

さらに40年、日本は第二次世界大戦で敗戦。
また、日本はどん底から立ち直るところからリスタートします。

そして40年、日本は高度経済成長でバブルの頂点を迎えます。
日本は、どん底から這い出たのです。

次の40年後は、2025年です。バブル崩壊から長らく日本は下り坂を転がる一方です。

私は、これから来るであろう日本のどん底を立て直してくれる、幕末の志士のような、敗戦の灰燼から日本を蘇らせた人のような、そんな人々を育てるお手伝いをしたいと考えています。

そのためには、親となるあなた方に経済的に自立して余裕をもって子育てをして欲しいのです。

次の40年の周期、そのまた次の40年周期は明るい日本を子供たちに見せましょう。

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE