仮想通貨コミュニティのオクリビット

日本の仮想通貨事情!

0 views
約4分
日本の仮想通貨事情!

今回は、昨今ニュースに取り上げられている

「日本の仮想通貨事情」について見て行きたいと思います!

こちらの調査自体は今年の2月7日~13日、1万人に対して

インターネットにて行われました。

日本でみる仮想通貨事情

仮想通貨の購入経験者

仮想通貨の購入経験者

その内仮想通貨の購入経験者は

全体の4.6%にあたる466人。

調査は今年2月、ネットで18~59歳の男女1万人に対して行われ

思っていたよりは多かったのですが、

全体を見れば浸透はしていてもマイナスイメージは

まだまだ拭えないんだなと痛感した結果になりました。

だからこそ、本当の仮想通貨の魅力に皆が気付いた時

かなりの価値の上昇が見込めますよね(*’ω’*)

私たちの立場からすると、

のびしろある方が楽しいですよね!

次に、購入開始時期別に

「2017年1月以前(初期購入層)」

「2017年2月~12月(中期購入層)」

「2017年12月以降(直近購入層)」

と3グループに分けて特徴を見てみましょう↓

購入者性年代

仮想通貨の購入者性年代

大手仮想通貨取引所3グループともになのですが、

購入層が7割以上男性でした。うん、ですよね!

確かに、私のお店のお客様も

情報共有してくださる方はみんな男性ですね。

そして、女の子は「仮想通貨?????」って感じです。

その男性のお客様の奥様も関心がない方が多く

私と楽しくお話しできるだけでも楽しいと仰られてます笑

特に、手軽に投資できて手軽に価値が上がる、

今がバブル!!という言葉に乗せられてきたかのように

直近購入者では学生が全体の約1割を占める結果になっております。

直近というこのもあるし、学生には

この波乗り越えるん大変やろうなあ、、

︎初期購入層の仮想通貨購入動機

初期購入層では、そりゃそうかと思うんですが

「ブロックチェーン・仮想通貨技術への興味」が一番高いですね。

「ゲーム内通貨として利用した」「友人等への送金に利用した」という回答が

他のグループより高くみられ、実際に通貨を使っている傾向にあります。

さすが、初期段階から興味を持ち、見極めて購入している方なだけありますよね。

中期・直近購入層の仮想通貨購入動機

「お金儲け」との回答が一番高いですね。

さらに、直近になるほど比率が高くなっていっています。

実際に通貨として使用しているのかという部分に関しては、

直近購入者では8割以上の方が

「仮想通貨での支払い経験がない」と回答。

上記から、投資目的で仮想通貨を購入している方が多いことがわかり

「仮想通貨の技術面に投資」されている方はかなり

少ないのかなと思います。

マスメディアも「お金儲け」の面でよく取り上げているので

まあ無理はないですね。。

購入時期別ウォレットの使用率

購入時期別ウォレットの使用率

中期・直近購入者は取引所のウォレットを使用している方が多く

「お金儲け」で仮想通貨を購入しているという回答が

こちらにも反映されているように思います。

守りの部分もしっかりとした上で「お金儲け」を考えているのなら

この数字にならないですよね。

(もちろん全員が全員でないのはもちろんだと思いますが!)

それに比べさすが初期購入者、

安易な考えでない、かつ色々な経験を積んでいることからも

この数字になっているかと思うのですが、

ウェブウォレットにてしっかりと管理されている方が

中期・直近購入者に比べてもっとも高い数字になりました。

何か事が起こってからでは遅いです、

本当に、自分の資産は自分でしっかり守りましょう(大声)

購入時期別:情報収集手段

情報収集手段に関しては上位層に

大きな違いは特になかったのですが、

初期購入層はSNSで情報収集しており

中期・直近購入層はテレビ番組から

情報収集する方が多いのが特徴として見られました。

初期購入層に関しては、

SNSなどのネット以外での情報収集手段がなかったのも

大きな要因かと思うのですが、

テレビ番組で情報収集なんてその頃からしたら

考えられないですよね笑

以上、仮想通貨購入者の購入者別に見た解説でした(‘ω’)!

思ってた通りといえばその通りかもしれません、

再々になりますが「本当の仮想通貨」の価値が知れ渡るまで

暗号通貨の安定には少し時間がかかりそうですね。

About The Author

CHIKARA
日本の40年周期説を聞いたことはありますか?
幕末の1865年を基点に見ると、日本は外国の植民地になる瀬戸際でした。
しかし、志士たちが草莽のごとく現れ、日本を立て直してくれました。

そして40年、日露戦争で20倍も国力のある強国に辛勝し、日本も強国の1つとなりました。

さらに40年、日本は第二次世界大戦で敗戦。
また、日本はどん底から立ち直るところからリスタートします。

そして40年、日本は高度経済成長でバブルの頂点を迎えます。
日本は、どん底から這い出たのです。

次の40年後は、2025年です。バブル崩壊から長らく日本は下り坂を転がる一方です。

私は、これから来るであろう日本のどん底を立て直してくれる、幕末の志士のような、敗戦の灰燼から日本を蘇らせた人のような、そんな人々を育てるお手伝いをしたいと考えています。

そのためには、親となるあなた方に経済的に自立して余裕をもって子育てをして欲しいのです。

次の40年の周期、そのまた次の40年周期は明るい日本を子供たちに見せましょう。

コメント

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE